ネズミ駆除の基本的な知識

ネズミは小さな動物で、暗い場所や湿り気の多い場所を好むので、家の中で音がしたとしても捕まえるのは非常に難しいとされています。
日本の伝統的なネズミ駆除の方法としては、罠を仕掛けて捕えるというものがありますが、仕掛ける場所を間違えると長期間置いていても全くネズミを捕まえることはできません。
上手にネズミ駆除を行なうためには、行動を把握して、通り道にピンポイントに置くことが大切です。
罠を正しい場所に置くことができると、一週間程度で成果が出るのが一般的です。

ネズミの駆除に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

逆に罠を仕掛けて一週間以上経っても餌が減らない場合は、置く場所を間違えているので、もう一度、他の場所に仕掛け直す必要があります。

ホームセンターにはネズミ駆除のツールがたくさん販売されています。


中でも人気なのはハーブの効果でネズミを追い払うという製品で、これを使用すると家の周囲に侵入するのを防ぐことができるので、家屋に入り込むのを予防することができます。

ネズミというのは寿命が1年から2年程度と短く、繁殖力が非常に強いので、個体数が増えるのと同時に死骸の数も増え続けてしまいます。



家の外に死骸があれば、他の動物や虫が処理してくれますが、家の中で死んでしまうとダニやハエ、シラミの温床になったり、カビが繁殖してしまって、アレルギー症状を引き起こすこともあります。


ネズミ駆除をせずに放置しておくと、家の中が不衛生になるので、自分でできない場合には業者に頼むなどして行なうのが一般的です。