天神駅の店の洋服お直しだと裏地なども付けられる

天神駅の近くにある洋服お直しの店だと、様々な相談にも応じていて例えば裏地がないコートでも新たに付けることも出来ます。全体・袖裏だけ・胴の裏だけなど必要な箇所だけ付けることも出来て、通常の裏地取り替えだとこれまでついていた裏地をもとにして新しい型を作りますが、新規だと品を採寸して新しく型を作っていきます。そのため、預かってから手渡すまでには時間や料金もかかります。ドレスも天神駅の店の洋服お直しでは内容によって受け付けていて、例えば裾を逃したい場合だとドレスの裾の縫い代だと長く出来ませんが、別の布やレースを取り付けて長さを出したり、ペチコートやパニエで長く見せたりと品にあった提案もしてくれます。

基本的に詰める場合はどんな素材でも問題ないですが、出す場合だとレザー・合皮・綿・麻・シルク・ベルベットなどは縫い代が短いことが多く、ほどくとミシン目が跡に残ります。一部は直しが出来ないこともあるので、先に相談して決めるといいです。シルク・ベルベット・ジョーゼットなどの特殊素材でも、基本的には天神駅の店の洋服お直しの店でも対応してくれます。これも素材やデザインで料金が高くなることもあり、また、裾にダメージ加工があるジーンズの裾ツメだと、ダメージ加工を活用して詰めていきます。

裾を詰める方法は色々あって、直す方法で代金が変わってきます。洋服だけでなく店によっては他のアイテムなども対応可能で、例えばカーテンも好みの長さや丈に挑戦してくれます。カーテンの丈の詰めは裾幅で料金が違い、一般的にカーテンだと上へドレープのひだがあるので、裾の幅はレール側の1.5~2倍になってます。例えば幅1mだと裾は1.5~2m程です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*