ノベルティの団扇よりも扇子が人気?

ノベルティで団扇を配布していることは多いけれど、団扇だとあまり使い道がないので貰ってもそれほど嬉しくない、貰うなら扇子が良いなどと考える人も多いのではないでしょうか。展示会のときなど会場内には熱気がありますので、空調が働いていても人の数に負けてしまう蒸し暑さを持つときも少なくありません。会場内にいる顧客に団扇を配布するケースも多いわけですが、会場内が暑いときには便利なノベルティグッズだけれども展示会を終えた後はあまり使わないのでゴミ箱に捨てて帰る人も少なくありません。その点、扇子なら折り畳んでコンパクトになるので会場の中はもちろん、バッグに入れて持ち帰る人も多いようです。

ただ、ノベルティは多くの顧客に配布することで宣伝効果を期待できるグッズですから、単価が高くなると多くの顧客に配布ができません。予算内で必要量というよりも、多くの顧客に配布することを目的にしている場合には団扇を選ぶケースが多いのですが、数種類のグッズを用意しておいて名刺交換をしてくれたお客さんにだけ扇子を配布するなどのやり方もあるわけです。名刺交換をすることでお客さんとの接点ができるので後から連絡をする際にもスムーズにできる、一人でも多くのお客さんと名刺交換をしたいときなど差別化を図ればその効果を期待できる、そしてそのノベルティグッズが扇子です。普通は団扇しか配布されないけれど名刺交換で扇子が貰えるとなるとお客さん側も期待が高まる、ブースに訪れる人数を増やす効果にも繋がって来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *