ノベルティグッズに多い不織布とは?

ノベルティグッズは販売促進や宣伝などの目的で配布が行われる商品で、販促品と呼ばれることも少なくありません。一人でも多くのお客さんに配るためノベルティグッズは値段を考える、その中でも実用性を持つグッズが選ばれるのが特徴です。最近は、マスクやエコバッグなどのグッズを配布するお店や会社が増えているようですが、これらのノベルティグッズは主に不織布を素材にしているものが多いのも特徴といえましょう。一般的な布は、縦糸に対して横糸を組み合わせて織るものですが、この不織布は布のように織るものでなく繊維同士を絡ませて熱および接着剤を使ってシート状にした生地そのものを意味するものです。

織らずに作るので不織布と呼ばれているわけですが、原料となるものはポリプロピレンやポリエステルレーヨンなどが使われることが多いようです。これらの原料は合成樹脂と呼ばれるもので樹脂材料を加工して作り出されています。布の生地そのものを織らないため大量生産ができる、コストを下げたモノづくりができる利点を持ちます。ノベルティグッズに使うことが多い不織布の商品は、エコバッグや使い捨てマスクの他にも風呂敷などがあり、いずれも単価を抑えることができる魅力があります。

なお、不織布は織られていないので様々な方向から力が加わっても耐久性が高いためエコバッグなどの商品素材に使われることが多い、日常的な買い物にも便利なので喜ばれるノベルティグッズの一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *