オリジナルのノベルティお菓子の使い方

結婚式の引き出物など、お祝いの席で時折みられるプリント付きのお菓子はビジネスに用いるノベルティとしても活用できる物のひとつです。例えば企業説明のブースを訪れた就活生や人材派遣の説明を聞きに来た来場者に記念品として渡したり、取引先に差し入れとして持って行くといった用途があります。食品のノベルティはポケットティッシュなどと違って好みのあるジャンルではありますが、洗剤よりも消費が早い消え物であり、個包装であればシェアもしやすいのが特徴といえます。食用の印刷を施したノベルティのお菓子は印刷物と食品のメリットを併せ持っており、QRコードを直接印刷すればインパクトが強くアクセスへの興味を引き付けるでしょう。

しかし、表面が平らではない物に印刷をするため、100個以下の少数ロットなどで試作ができる会社を選ぶなど、オーダーの際には工夫も必要です。よりコストや労力を抑えながらお菓子のノベルティを作るのであれば、包装に自社のロゴやQRコードを入れられるサービスを利用する方法もあります。食品の外装は最終的に廃棄されますが、割れる可能性のあるクッキーやおせんべいへの印刷よりは確実に情報が渡せます。また、規制のお菓子のパッケージのそのまま貼り付けられるラベルをオーダーしたり、名刺の代わりに渡せる社名入りの小箱にキャンディなどを入れて配布することもひとつの方法です。

コストや用途に合わせてカスタマイズできる点が、メリットといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *