防災グッズをノベルティーに選ぼう

日本に甚大な被害をもたらした自然災害といえば、東日本大震災といえるでしょう。この震災をきっかけとし、多くの人が防災対策を見直したり、自宅の備蓄を点検するようになったともいえます。このように防災意識が高まっている日本では、防災グッズをノベルティに選ぶことは、必要性も高く喜ばれるアイテムとして、企業に良い評価を与えることにもつながります。しかし実際に防災意識は高まっているものの、実際に対策を行っている人は何と4割弱しかいないとも言われています。

なぜこのような結果になっているのかというと、具体的にどのようなことをすればよいのかわからない、お金がかかる、準備が面倒などのことが理由です。防災用品は災害の際には必要性が高くなりますが、普段はそれほど関心が向けられにくいので、自主的にはなかなか購入されにくいものと言えるでしょう。このような考えがあるからこそ、防災グッズをノベルティとして提供することは、高い価値を提供することにもなります。もらった人は実用的なものを手にすることができ、企業側としても社会的に防災力の底上げに一役買うことになるでしょう。

災害はいつどこで起こるか分からず、だれにでも起こる可能性があることです。だからこそ防災グッズをノベルティに選ぶことには、幅広い層の需要を満たし、珍しさもあり他社との差別化ができるアイテムとなります。今後も防災グッズに関しては、注目が高まることは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *