エコバッグをノベルティに選ぶ際の素材

2020年7月1日から全国的にレジ袋の有料化がスタートしたことによって、多くの企業がオリジナルエコバッグをノベルティに選ぶようになってきました。レジ袋有料化の影響によりエコバッグを使う人は増えてきていて、ロゴマークや企業名などを入れることによって、認知度の向上が期待できるでしょう。また実用性の高いアイテムであることから、日常的に使ってもらえる可能性も高まります。これからのベルティにエコバッグを検討しているのであれば、どのような素材を扱うのか、それぞれの特徴などについてしっかりと把握することが求められます。

ノベルティにエコバッグを活用する際の素材としては、不織布が多く扱われています。繊維を織らずにからみあわせた布状のものであり、断面がほつれず加工がしやすいのが一つの特徴です。サイズも選びやすくカラーも入れやすいため、簡易的なエコバッグとしてはおすすめのサイズといわれています。オーガニックコットンも注目を集めている素材であり、印刷がきれいに仕上がるため、ロゴやデザインを強調したい際には用いられています。

非常に頑丈で壊れにくい素材がデニム生地です。使い込むほどに色が落ち風合いが出てくるため、長期的に使ってもらいたいノベルティを作成したいのであれば、一つの選択肢に当てはまります。リサイクル素材で作られているものも多く、ペットボトルを再利用したものや、牛乳のタンパク質成分からつくられているものなど様々です。自然由来のリサイクル素材が多く、もとは廃棄する予定の素材を再生させているため、環境問題に配慮していることをアピールすることもでき、ブランドのイメージの向上にもつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *