あぶらとり紙をノベルティに選ぶ際の注意点

ノベルティのターゲットを女性に絞った場合に、あぶらとり紙をノベルティに選ぶことには一定の効果があげられると予想できますが、ただあぶらとり紙をノベルティにしただけでは十分な広告の効果を発揮することはできないでしょう。あぶらとり紙をノベルティにすることの広告効果を存分に引き出すためには、どのような大きさのものを選ぶのか、形はどんな形がよいのか、枚数は何枚ぐらいがよいのかなどをしっかりと考えておかなければなりません。日常的に広告に目をとめてもらいたいと考えるのであれば、洋服のポケットなどに入りやすいようなコンパクトサイズのアイテムがよいと考えられるでしょう。目にする回数が増えれば増えるほど記憶にも残ることから、効果的なノベルティとして活用することができます。

考え方を変えてみると、反対にケースが大きいものを選べば、広告の面積を広く取ることができます。面積が広ければ、伝えたい内容を効果的に掲載することにもつながります。ケースの大きいものであれば、中に入れる枚数も多くなるため、長期間効果が持続することにもなるでしょう。どのような内容を掲載するのか、またターゲットにより、あぶらとり紙のサイズや枚数などをしっかり考えれば、何も考えずに作ったものと比べると、全く異なる効果を得ることにもつながります。

もらって喜ばれるアイテムであるとともに、企業側にとって大きな広告効果が得られることを考えることが大切です。ノベルティのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *