ノベルティを活用した企業の営業戦略

新規取引先の開拓に積極的な若手社員は、飛び込み営業で様々な企業のオフィスを訪れています。飛び込み営業時には名刺交換をすることが難しいですが、ノベルティを手渡すと担当者と面会できる場合もあります。相手が喜ぶ商品を選んで訪問時に真っ先に手渡すことが、自社製品のPRを行う場合のポイントです。積極的にセールスを行いたいときでも、販促用のグッズの購入予算が限られている場合が多いです。

しかしノベルティを販売している様々な会社のサイトを訪れると、質の高い商品も最安値で買うことができます。また1回あたりの注文個数を少しでも多くすることが、ノベルティの調達コストを最小限に抑えるテクニックです。継続的に取引をしている企業を訪れる場合には、新商品をPRして新規受注に結び付けるのが理想的です。そのような場合に役立つのは、新商品のロゴと画像が入ったオリジナルグッズです。

オリジナルグッズは非売品であり、限定生産である点が一番の魅力です。したがって宣伝用のグッズを取引先に手渡すと、新規受注を獲得できる可能性も大幅に高まります。定期的に会議を開いて営業成績をチェックすることが、企業活動を行う場合の基本です。営業マン一人一人の実績を比較することも重要ですが、ノベルティを配布することで得られた効果も客観的に分析するべきです。

販促グッズの活用と新規受注の相関関係をチェックすると、今度の営業戦略の方向性も明らかになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *