外出時に受け取るノベルティは持ち運びやすいサイズを

優れたデザイン性の高さにも自信があり、使い勝手も良く便利グッズなはずなのに、なぜかノベルティグッズの反応がイマイチなら、サイズを見直してみることです。見た目にも申し分がなく便利なのに、肝心の反響自体がイマイチな時、理由はアイテムが大きすぎるためかもしれません。渡す場所などにもなりますが、街中での配布や展示会場で配る時などは、もらうほうでは鞄に入れて持ち帰ります。いくら良いグッズであっても、大きくてかさばるようであれば、涙を飲んで使うことのできる場所までもっていくことなく、途中で捨ててしまうかもしれません。

あったら便利だなと感じても、持ち歩くには大変だと判断すれば、もはや受け取ることもしないはずです。外出中についでに受け取るのもノベルティなので、もらった人が気軽に持ち帰ることのできるサイズ感も大事にする必要があります。もしも大きなサイズのノベルティグッズを検討するなら、そのままではなく折り畳みできるような工夫をすることです。企業名を覚えてもらいたい、商品を知ってもらいたいという、配布をする企業側の熱い思いはあっても、あまりにも強いメッセージ性は逆効果になることがあります。

強烈すぎるメッセージ性は、グッズのデザイン性を崩壊させるリスクもあるためです。本来グッズの持つ役割を十分に果たせないと、ノベルティの効果も目減りしてしまいます。ユーザーに欲しいと感じてもらうことが先決なので、会社のロゴや企業名などの印刷は、大きさや色にも気を遣うことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *