ノベルティを配布したら効果の検証をすることも大切

宣伝効果も抜群なノベルティの配布ですが、配った後には効果は出ているのかの検証をすることも必要です。配布期間に順調に商品の販売数は増加をしたかどうか、集客数も右肩上がりかどうかなどもチェックをします。企業名や商品の認知度は配布以前よりも上がっているか、商談や商品に関しての問い合わせも増えたかなども検証するべき項目です。こうした検証をすることは、効果を測定するための目安にすることができます。

配っては見たものの効果が出ていないようなら、ノベルティを配るやり方、商品選びに誤りがなかったかなどを見直すことです。ノベルティ企画を始めるなら、まずは対象者の分析をすることも必要になります。自社の商品を購入するのは、サービスを利用するのは、一体どのような人かを知ることは必要です。ターゲットを把握したうえで、ノベルティグッズのアイテムを、対象者の目線で選定をしていきます。

ターゲット目線で選ぶのは大事であり、その方が顧客の満足度を高めることができるからです。どのような商品をターゲット層の人は喜ぶのか、好むものをリサーチします。美容や音楽などどのようなモチベーションに関心を持ち、興味を惹かれるのか、季節的なモチベーションでほしいものを選ぶのも良い考えです。1年を通して日本にも様々な行事があるので、12月ならクリスマスがありますし、秋ならば行楽シーズンで考えてグッズを選びこともできます。

配布をする側の自己満足で終わることなく、対象者がいかに満足するかを考えたノベルティプロモーションたにすることです。ノベルティのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *