ネズミ駆除の効率と安全性を高める

category01

ネズミ駆除は実際に侵入したネズミを駆除するとともに、侵入経路を調べて侵入できないように対策を立てることがポイントです。
駆除においてはとりもちなどを使用した方法と毒餌を使用した方法があります。

いろいろなネズミの駆除を調べるならこのサイトです。

とりもちを使用する場合にはネズミの動線を把握する必要がありますし、大型のものであれば逃げてしまう可能性があるので、大きさにより効果が変わる可能性があります。

毒餌を使用する場合には安全面の配慮が大事です。


例えば犬や猫などのペットを飼育している場合には誤って食べてしまわないように対策を立てる必要があります。
設置できる箇所が限られることもあります。リスクを考えることがポイントです。

ネズミ駆除においては複数の方法を組み合わせて効果を上げることができます。つまり、毒餌ととりもちを併用することで、毒餌によりネズミの警戒心を鈍らせてとりもちに掛かるようにするものです。
単独の方法で効果がないときに試してみる価値は十分にあります。

予防の観点からネズミ駆除を考える場合、やはり住み着きにくい環境を整えることが第一です。



ネズミの巣の材料になる可能性がある新聞紙などは定期的に処分をしておき、置くときもきれいに置くことで異変にすぐ気づくようになります。



ネズミはハーブなどの香りを嫌う習性を持っていることから、香りで寄せ付けない方法もあります。


特に電源コードなど噛じられると火災の原因になりうるものについては、あらかじめ寄せ付けない対策を整えることがポイントです。

大事なネズミ駆除の事

category02

ネズミは小さな動物で、暗い場所や湿り気の多い場所を好むので、家の中で音がしたとしても捕まえるのは非常に難しいとされています。日本の伝統的なネズミ駆除の方法としては、罠を仕掛けて捕えるというものがありますが、仕掛ける場所を間違えると長期間置いていても全くネズミを捕まえることはできません。...

subpage

ネズミ駆除について思うこと

category02

昔からネズミ駆除グッズとして知られているのがネズミ捕り機ですが、他にも大型の粘着テープをネズミの通り道に設置する方法や毒エサを仕掛けておく方法などがあります。しかし警戒心の強いネズミは仲間がネズミ捕り機で捕獲されると、その周辺には近寄らなくなりますし粘着テープに貼り付いているネズミの処分や毒で死んでしまったネズミの処分は大変です。...

subpage

ネズミ駆除の身になる知識

category03

ネズミが出る時間帯は基本的には夜が多く、とくにキッチンやお風呂場のような場所を好みます。キッチンには餌が豊富にあるので、習慣的に出現して、生ゴミをかじったり、シンクにたまった水を飲むなどします。...

subpage

ネズミ駆除の情報分析

category04

ねずみが家の中にいるかもしれないと考えた時、一刻も早く駆除しなければならないと思うのは当然のことです。そして、なるべくだったらお金をかけたくはないと思うのも当たり前のことでしょう。...

subpage